浮気調査にGPSを使うなら、使い方と注意点を確認しよう。

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

GPSを使った浮気調査の方法と、意外に多いGPSの間違った使い方

GPSとはその人が現在どこにいるかを確認できる便利な信号です。

小学生などのお子さんや、放浪癖のある高齢者などに持たせておけば、連絡がなくなってもすぐに捜索することができます。

つまり、浮気の疑いがあるパートナーの行動監視にも十分な威力を発揮できるということ。

しかし、一般的にこのGPSを積極的に持ちたがる人はいません。

持たされるということは、パートナーから浮気を疑われているということになり、常に監視をされるということですから、嫌がるのは当然です。

それでもどうしても相手の動向を確認したいとなれば、取る手段は秘密裏にパートナーにGPSを持たせることでしょう。

特に浮気調査では、GPSを活用することが多いです。今はネットで比較的安価にGPSを購入することもできるので、GPSを使って自分で浮気調査をしようという人も増えています。

しかし、GPSにはやってはならない「間違った使い方」があります。使い方を間違うことで、パートナーに浮気調査をしていることがバレてしまったり、違法行為として罰せられたり慰謝料を請求されるようなトラブルに発展することが少なくありません。

今回は、GPSをパートナーに気づかれないように正しく活用して、自分で上手に浮気調査をする方法を紹介します。


GPSをパートナーに持たせる方法

さて、秘密裏に相手にGPSを持たせたい場合、どのような方法があるでしょうか?

真っ先に考え付くのは、スマホを利用することだと思います。

最近はGPS追跡アプリや、監視アプリなどの浮気防止アプリが豊富にあります。

しかし、これらを使うのはあまり現実的ではありません。

パートナーのスマホには、ほぼ間違いなくロックが掛かっているはずで、そのパスコードを知らなければスマホを開くことさえできません。
運よくスマホを開けたとしても、アプリをインストールするために別のパスワードが必要になるケースが大半、インストールという行為そのものが至難の業なのです。

何より、勝手に他人のスマホにアプリをインストールすることは違法であり、夫婦間でも「不正指令電磁的記録供用罪」に問われることがあります。

では、どうするのか?
もっとも簡単なのは、パートナーが利用するものにGPS機器を仕掛けることでしょう。

GPS機器を仕掛ける場所に下記のような場所があります。

  • 自家用車
  • バイク
  • パートナーがよく利用するバック類

それ以外にも、パートナーが浮気する時に持参しそうなものに仕掛ける方法があります。

方法のポイントとしてはGPSを仕掛けても目立つところではない場所、また、GPS機器を仕掛けるスペースがあることが前提です。

それらの点を踏まえ、GPS機器の取り外しも考慮に入れると、車やバイクに仕掛けるのがベストです。

次に、車にGPS機器を仕掛ける方法を解説したいと思います。


車にGPS機器を仕掛ける


パートナーにGPSを持たせる方法として、自家用車にGPS機器を仕掛ける、という方法もあります。

この方法は、車を所有している人、パートナーが仕事やプライベートで個人的に車を使うことが多い人に有効です。

車の現在地がわかればいいので、トランクルームの目立たない場所に取り付けたり車体の下などの車外に取り付けることも出来ます。

小型なGPSも多いため、車内に隠すという選択肢もありますが、車内に仕掛けてしまうと万が一見つかってしまったときに犯人が身内であることがわかってしまうため、あまりオススメはしません。

車外に取り付ける際には、GPS機器が脱落しないように対策が必要ですが、ネット通販などでGPS機器と一緒にネオジム磁石が販売されていますので、それらを使って車体の下にGPS機器を取付けます。

リアルタイム型とロガー型

一般的なGPS機器の種類は2種類。

ひとつはリアルタイムでGPS信号を発信し、PCなどでチェックできる「リアルタイム型」

もうひとつは機器にGPS履歴を記憶し、後に回収してデータを吸い出すことで、設置期間中の行動をチェックする「ロガー型」です。


浮気調査に利用するにはどちらが最適かとなると、これは答えが難しい質問に。

それはリアルタイム型とロガー型で、それぞれにメリットとデメリットがあり、使用する目的が変わってくるからです。

つまり浮気調査の方法により、どちらが最適かが変わってくるということになります。

では、双方のタイプのメリットやデメリット、特徴などを確認しておきましょう。


リアルタイム型なら浮気の証拠入手も?


リアルタイム型のメリットはその名の通りリアルタイムでパートナーの居所が把握できるということ。

GPS機器をパートナーに持たせて、その位置を自宅のPCやスマホで確認できます。

パートナーの怪しい行動を逐一チェックできますので、例えばラブホテルや見覚えのないマンションなどにパートナーガいるようでしたら、現場に駆け付けることで、浮気の証拠となる写真や動画を撮影できるかもしれません。

探偵に依頼して行う尾行を、このGPS機器ひとつで行うことができるということになります。


しかし、デメリットもあります。

まず1つ目が、価格です。
リアルタイム型のほうがロガー型よりも費用が高額になります。

通販サイトでは1万円台から購入できるものもありますが、それは本体機器だけの値段です。
リアルタイム型のGPS機器は、発信器タイプのものが中心となりますが、当然リアルタイムで電波を飛ばし続ける必要があります。単純に機器だけを購入しても電波は飛ばせません。

そのため、別途電波を飛ばすためのSIMカードを購入・契約する必要があります。

結果的に掛かる費用と手間から、リアルタイム型GPSの利用を考えている人は、GPS機器をレンタル販売している会社から借りるケースが多いです。

レンタルの場合の料金相場は1日5,000円程度。
レンタル期間が長くなるほど日割り料金は安くなることが多いため、1週間借りて25,000円程度、1か月借りて50,000円程度になります。

これだけ見ると高額に見えるかもしれませんが、仮に1週間探偵に尾行してもらうとなると、100,000〜150,000円は必要ですから、それに比べればはるかに安いといえるでしょう。

こうしたレンタル機器の場合のリスクとしては、発信器の存在に気づかれた時のことがあります。


発信器をパートナーに発見されて、パートナーに破棄されてしまった場合、レンタル会社に補償金を支払う必要性があります。

デメリットの2つ目として、万が一GPSが発見されたときに、誰が仕掛けたのかがわかってしまう可能性が高いという点です。

リアルタイム型は電波を使って位置情報を得るため、多くの場合はご自身のパソコンやスマホに専用のアプリを入れて使用します。
相手に問い詰められたときに、インストールしているアプリがあれば、言い逃れすることができなくなります。

デメリットの3つ目が、圏外を記録できないことです。

リアルタイム型は電波を使って追跡するため、電波がない場所では追跡できません。そのため、相手が圏外に入ってしまうと、位置情報を得ることができなくなってしまいます。


浮気調査専用GPS
ロガー型は証拠入手には繋がらない?

対するロガー型は、ネット通販などでも比較的簡単に購入できます。

価格も6000円前後からと安価なモデルもあり、手軽に使えるのが人気です。

リアルタイム型と違い電波を飛ばす必要もないので、例え仕掛けたGPS機器が見つかっても、「私は知らない」とシラをきれば相手もそれ以上責めることはできないでしょう。

メリットとしてはこういった手軽さと、発見された時のリスクの低さですが、当然デメリットもあります。


ロガー型GPSのデメリットは、GPS機器を回収しないとGPSのログを確認できないという点です。

まずはGPS機器を回収しないとGPSのログを確認できないということです。

リアルタイムで相手の位置を確認できないので、パートナーが浮気をしている瞬間をとらえることができないということになります。

これだけ書くと浮気調査には向いていないと思われるかもしれませんが、使い方次第では十分浮気調査に活用できます

例えばパートナーが接待ゴルフと言って出かけたはずの日に、ゴルフ場ではなく街中をうろついていたというログが見つかれば、十分浮気の可能性が出てきます。

また、1〜2週間継続して行動をチェックすると、決まった曜日に決まった場所に通っているログが出てくるかもしれません。

その場所がラブホテルや住宅街であれば、これまた浮気の可能性が高くなります。


ロガー型のGPS機器は、即浮気の証拠をつかめるものではありませんが、浮気の可能性を確認したり、浮気を疑われる場所などを特定できる可能性がありますので、こういった使い方に向いています。


GPSの間違った使い方


GPS機器は浮気調査で証拠集めに役立ちます。

ただし、GPS機器にできるのはあくまでも「浮気調査の手助け」まで。

  • ・GPSのデータだけで浮気を追求してはいけない
  • ・GPSで集めたデータを違法行為に利用してはいけない

GPSで位置情報を追跡した結果、パートナーがラブホテルに行っていたことを突き止めるケースもあるでしょう。
ですが、たとえば裁判になったようなときには、この「ラブホテルに行っていた」というGPSの位置情報データは、浮気の証拠として採用されません。


GPSはあくまで位置情報だけなので、その車に本当にパートナーが乗っていたのかどうかを証明するものではないからです。
また、パートナーに「駐車場で休んでいただけ」などと言い逃れをされても、それを嘘だと証明することができません。


GPSで得たデータを元に、浮気現場を特定して、浮気の決定的な瞬間を証拠として写真や動画に収めることで、初めて浮気の証拠といえます。

GPS機器は、あくまでもその浮気の証拠写真や映像を手に入れるための手段だと覚えておきましょう。

また、GPSで得たデータを使って脅迫などの違法行為はいうまでもなく犯罪です。そのような不正利用は絶対にしないでください。

GPSを仕掛ける際の注意点

実際にGPSを仕掛ける際にも注意点があります。

  • ・回収が難しい場所には取り付けない
  • ・目立つ場所にGPSを取り付けない
  • ・車の防犯センサーに注意して、GPSを仕掛ける
  • ・車内に仕掛けると誰が仕掛けたか言い逃れができなくなるので注意
  • ・浮気相手など赤の他人の敷地に入ることや他人の所有物にGPSを取り付けると違法性が高い
  • ・GPSを取り付ける際に物を改造したり壊したりしてはいけない

GPSを使った浮気調査で失敗してしまう主な理由は、仕掛け方にあります。

仕掛ける場所が甘くてすぐに見つかってしまう、仕掛けたものの回収ができなくてデータが引き出せない、仕掛けようとしたら防犯センサーに引っかかってしまって結果的にバレてしまったなど。


そうしたトラブルを引き起こさないためにも、仕掛ける場所はしっかり吟味しましょう。

GPSを浮気相手に仕掛けると違法になる

GPS機器を身内の自動車や荷物、洋服などにGPSを仕掛ける分には法には問われません(ただし、プライバシー侵害で民事的に訴えられる可能性はあります)。

ですが、浮気相手、つまり他人の車や荷物などにGPS機器を仕込むのは違法行為になります。


抵触する可能性のある罪状

住居侵入罪 GPSを車などに仕掛けるために相手の敷地に侵入したような場合
器物損壊 GPSを仕掛けるために車に傷がついたりした場合
ストーカー規制法 度を越えた監視行為と判断された場合

など

たとえGPSを仕掛けたことで罪状に問われなくても、違法行為によって入手した証拠は裁判では認められません。

GPS機器を使って浮気調査をする際は、法に触れない範囲で慎重に行いましょう。


GPSオススメ活用法

GPSを使った浮気調査には一定の効果が期待できます。

そこでオススメの活用法ですが、GPS機器を一定期間設置し、パートナーの行動パターンを分析

浮気調査を探偵に頼む場合、パートナーの行動パターンを分析するために予備調査を行うことがほとんどです。
予備調査では尾行を行うことになるので、それだけ費用が余分にかかります

ですが、あらかじめ行動パターンが割れていれば予備調査の必要はなく、その分調査費用を抑えることができます。

先にも触れた通り、GPSのレンタル料や購入代金に比べ、探偵の調査料金はかなり高額になりますので、その分をGPS機器で代用し、費用を抑えるのがベターといえるでしょう。

浮気調査に大事なのは、確固たる証拠です。特に裁判や慰謝料請求を検討している場合は、証拠なしには勝ち取ることはできません。証拠取得は素人には難しいため、プロに頼むほうが賢明です。


パートナーが浮気をしているかもしれないと思ったら、まずはGPS機器でパートナーの行動をチェック。

浮気の可能性が高まったらそのデータを持って探偵事務所に依頼。というのが近年のスマートな浮気調査の手順かもしれません。


PAGE TOP ▲