浮気の慰謝料計算方法と慰謝料を貰うために準備すること

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


浮気の慰謝料計算 相場はいくら?


「夫の浮気が原因で離婚しようと考えています。慰謝料の計算はどのようにすれば良いのでしょうか?」という質問が届いています。

慰謝料は、おもに浮気した側の「責任の度合い」「浮気していた期間・回数」「婚姻期間の長さ」 「支払い能力」から計算されます。
自力で探すのが難しくなります。


たくさんの要素が慰謝料の計算に影響してくるのですね。

浮気が原因の離婚慰謝料は、配偶者が受けた「精神的ダメージに対しての損害賠償」 という性質を持っています。
これは直接目に見えないものなので、客観的に判断できる要素から慰謝料を計算する仕組みです。


慰謝料はいくらが相場ですか?

平均すると約400万円が離婚慰謝料の相場と言われていますが、先に挙げたいくつかの条件が違えば100万円単位の増減もあり得ます。


浮気相手にも慰謝料は請求できますか?

浮気した本人だけではなく浮気相手にも請求することが可能です。
相場はおよそ100〜200万円とされていますが、こちらも増減があります。


悪質な浮気の場合などは慰謝料が高額になりそうですね。

たとえば妻の側に非がないのに、身勝手な夫が何度も浮気を繰り返し、 浮気相手との子供まで作ってしまった……などのケースでは、離婚するときの慰謝料も高額に計算されるでしょう。


逆に奥さんにも責任があったら、夫に請求できる慰謝料は減るのですか?

減る場合がありますし、完全に相殺されて慰謝料ゼロとなるケースも考えられます。
妻も浮気したことがあったり、 家事を一切やらない、夫婦の営みを長年拒み続ける……などの事情があれば、「夫は浮気したけれど、妻の側にも責任が否定できない と見なされてしまい、結果として慰謝料も低く計算されるということです。


ケースバイケースなのですね。

あくまで相場は目安にすぎず、夫婦によって事情は異なってきます。
もっとも重要なのは離婚原因を作った責任の度合い、つまり「有責度」です。


なるほど。

また、有責度などの条件が同じであっても、慰謝料の計算に大きな影響をおよぼす要因があります。


それは何でしょうか?

明確な浮気の証拠が取れているかどうか、です。


証拠がなければ慰謝料はもらえない!?


浮気の証拠が離婚慰謝料の計算には欠かせないそうですが、たとえば浮気相手とのメール文章などがあれば大丈夫ですか?

それでは十分とはいえません。離婚調停・裁判で浮気の証拠と認められるには、 性的な関係があったと証明できる必要があるからです。
もっとも分かりやすい浮気の証拠としては、 「パートナーと浮気相手が揃ってラブホテルに出入りする写真」が挙げられます。


自分でこっそり尾行して撮影すればいいんですね。

浮気された本人が自力で証拠撮影できれば理想的ですが、 現実にはスキルや機材に限界があり、うまくいかない可能性もあります。
2人の顔が鮮明に写っていて、しかも場所がラブホテルなど宿泊施設だと分かるアングルで撮影することが必要です。


そもそも浮気の証拠なしで慰謝料をもらうことはできないのですか?

証拠なしでも絶対に慰謝料ゼロとは限りません。たとえばパートナーが浮気を認め、 「慰謝料を払ってもいいから今すぐ離婚して、浮気相手と一緒に暮らしたい」と強く望んでいれば、 協議離婚が成立することもあり得ます。


手切れ金のような感じですね。

そうです。
しかし稀なケースですので、原則として慰謝料請求と証拠取得はセットになっているとお考えください。
パートナーは慰謝料を支払いたくない、払うにしても1円でも減額したいと考えるのが普通ですから、 証拠がなければ「浮気などしていない」と否認してきます。
それを防ぐためには、証拠の取得が絶対条件になります。


性的関係が証明できる証拠を揃える以外に、慰謝料が増える条件はありますか?

1回だけでなく、浮気を複数回にわたって行っていた証拠写真があれば、よりパートナーの有責度が高くなり、 慰謝料計算も有利になります。
また、浮気だけでなく暴言や暴力もあるなら、その証拠を取っておくことも推奨します。


暴言や暴力の証拠とは、どんなものでしょう?

その現場をICレコーダーやスマホで録音しておくのが一般的です。
また、浮気や暴力によってケガ、体調不良などがあった場合、病院に行って診断書を書いてもらうのも良いでしょう。


慰謝料の計算って漠然と考えていましたけど、ちゃんと高くなる条件はあるのですね。

その通りです。
浮気によって婚姻関係が破綻し、その原因はパートナーにあると立証できることを目標に考え、行動してください。


探偵と弁護士は積極的に利用しよう!


浮気の証拠をきちんと取るには、やはり探偵に調査を頼まなくてはダメでしょうか?

絶対に必要とまでは言えませんが、慰謝料の計算を有利にするため、依頼してこられる方は非常に多くいらっしゃいます。


普通の人とプロ探偵の違いは何でしょう?

まずプロは持っている尾行・撮影機材の質と量が圧倒的に優れています。
そしてハード面だけでなくソフト面、つまり調査する人間の経験・スキルにも優位性があります。


最初に自力で浮気調査してみて、ダメそうなら探偵さんに頼むというのでも大丈夫ですか?

そういう方もおられるので問題はありません。ただ、1つだけご注意いただきたい点があります。


それは何でしょうか?

ご自分で浮気を調べる場合、「パートナーに悟られない」ことを重視していただけると助かります。


相手にバレてしまうと、やはりまずいですか?

依頼者様から探偵にバトンタッチされたとして、相手が警戒していると、プロでも尾行・撮影の難易度が上がってしまうことがあります。


そうなると探偵に依頼しても無駄になりますか?

いいえ。警戒されているなら、それにあわせた調査方法もあります。
ですので、ご依頼される際に「自分で尾行したら気づかれてしまいました」といった具合に、 隠さずお話しくださると調査プランが立てやすくなります。


弁護士さんも離婚問題のプロだと聞きますが、依頼したほうが慰謝料計算は有利になるでしょうか?

協議離婚でも調停・裁判にもつれこむ場合でも、 弁護士が関わったほうが慰謝料の額は高くなると言われています。
信頼できそうな弁護士がいるなら頼ってみるのも良いと思います。


あまり普段は弁護士と接点がないので、どう選んでいいのか分かりません……。

そうした不安がある人は、お住まいの都道府県の弁護士会に問い合わせてみる方法があります。
または最初から弁護士事務所と提携している探偵社を選べば、離婚、慰謝料に強い弁護士を紹介してもらえてスムーズです。


探偵と弁護士のタッグは心づよいですね。

どちらも浮気や離婚と密接に関わる職業ですから、 お互いに提携していることは少なくありません。
そういったところはホームページに提携先が記載されているはずなので、チェックしてみると良いでしょう。


そんな事態を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

家出や失踪をする原因を取り除くことが欠かせないでしょう。
その根本を解決できない限り、 何度でもいなくなってしまう可能性があります。
もちろん簡単な話ではなく、人探しそのものより困難かもしれません。
しかし家族や友人などが協力して、辛抱づよく取り組んでいくべきだと思います。





PAGE TOP ▲