FMラジオを使った盗聴器の発見方法とは

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


ラジオで盗聴器を発見できる??、FMラジオの裏ワザを教えます

盗聴発見調査を希望するお客様から、いろいろな質問を受けることがあります。
その中から「ラジオを使って盗聴器を発見する方法を教えてください」という疑問について、お答えしたいと思います。

ラジオを使った盗聴器発見は「FM盗聴器だけなら発見できるが、それ以外の盗聴器にはまったく対応できない」が結論になります。

盗聴器が発する周波数にはFM帯、VHF帯、UHF帯など多くの種類があり、FM帯の盗聴電波にかぎればFMラジオで受信できるということです。


実際の発見方法についても簡単に解説しましょう。
まず調査したい場所で、テレビを付けるなどして音を鳴らします。電話の盗聴も調べたいなら「117」にダイヤルして通話状態をキープします。

そしてFMラジオの受信周波数を変えていき、室内の物音、電話の通話音がスピーカーから聞こえてくれば、FM電波の盗聴器があると判断できます。

盗聴器があるとわかったら、ラジオを持ったまま部屋の隅々まで歩きまわります。
ラジオから甲高い音(ハウリング音)が聞こえてきた周辺に盗聴器が見つかるはずです。

ただ、「FM電波だけ」と強調している通り、ラジオを使って発見できる盗聴器はごくごく一部に過ぎません。
広く流通している盗聴器はもっと高い周波数のVHF、UHF電波を使うのが主流です。


FM帯はラジオのほか、赤ちゃん監視モニターや、ガチャガチャの景品で入手できるオモチャの盗聴器でよく使われています。
一般回線の電話盗聴に使われる本格的なFM盗聴器もないわけではありませんが、いずれにしても全体的には少数派です。

そんな理由もあって今回のコラムは、FMラジオでの盗聴発見をあまり積極的にオススメしていません。その代わり、もっと自分で盗聴器を発見しやすい機材を紹介しましょう。

いわゆる「広帯域受信機」と呼ばれるもので、どっしりした固定機タイプと小さなハンディ機タイプがあります。
固定機のほうが性能は上ですが、安くてお手軽なハンディ機でも盗聴発見調査は行えます。


たとえば弊社の「自分で行う盗聴器の見つけ方」ページでは、広帯域受信機としてDJ-X7というハンディ機を用いて解説しています。
2万円たらずで変えてしまうハンディ機ながら、FM帯、VHF帯、UHF帯のアナログ盗聴電波を受信できます。

この機種も1.3GHzを超える盗聴器やデジタル盗聴器まで発見できるわけではありませんが、FMラジオを使った盗聴発見方法の完全な上位互換といえる性能です。
自分で盗聴器を調べたい人は、特別な事情がないかぎり広帯域受信機を選ぶのが正解となります。

ちなみに余談ですが、昔から「近くに盗聴器が仕掛けられていたらラジオにノイズが入る」という説がまことしやかに語られています。

しかし盗聴器とノイズのはっきりした因果関係は立証されておらず、気にする必要はないでしょう(電話機のノイズも同様です)。
ノイズが入ってくるなら絶対に盗聴器があるからウチに調査を依頼しなさい!などと恐怖心を煽ってくる悪質業者もいますので、真に受けず冷静に対処してください。

出費0円に抑えたい人はFMラジオを使った超簡易調査を、少し支払っても自分で調べたい人は広帯域受信機を使った調査を、万全の結果を望む人はプロの業者に調査依頼する……予算や不安の強さに応じて、盗聴器の発見対策を考えると良いでしょう。


PAGE TOP ▲