コンセントに仕掛けられた盗聴器、コンセントタイプの盗聴器の種類について

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた

盗聴器を発見?見覚えのないコンセントに注意!

皆様はこのようなコンセントタップ型の盗聴器があるのはご存知でしょうか?

1.トリプルタップ型盗聴器

2.コーナータップ型盗聴器

3.テーブルタップ(延長コード)型盗聴器


「聞いたことはある」「テレビでは見たことある」と言う方はいるかもしれませんが実際に本物を見た事のある方はそう多くはいないかもしれません。
私も弊社に入社するまでは実物の盗聴器を見たことはありませんでしたが、よく見ても全くわからず感心した記憶が御座います。
現在、ご自宅でコンセントにタップを挿してお使いの方は多いと思いますが、この 「コンセントタップ」が「盗聴器」としてあなたの声が盗聴されている可能性があるのです。

※補足ですが、壁面にあるのが「コンセント」、コンセントに挿して3口分配や延長する電気器具を「タップ」と呼びます。

特徴

どのタイプもコンセントに差し込むだけ。
コンセントからの電源供給でタップが故障しない限り、「半永久的に盗聴」が可能。
外観、性能ともには既製品のタップと同じなので、「見た目だけでは盗聴器と判別不可能」な商品。


これらの盗聴器が普段見えない「食器棚の裏」、「ベッドに隠れたコンセント」「タンスなどの衣装ケースの裏」に仕掛けられていたら気が付きませんよね。

次に見覚えのないタップを見つけた場合、それが盗聴器か確認する方法をご説明していきたいと思います。

盗聴器か確認する為には

盗聴を行うには「送信機」と「受信機」という2つの機材が必要となってきます。

先ほどご紹介した「タップ」が「送信機」にあたり、受信機は一般的にはトランシーバーのような形をした物をご想像頂けると良いかと思います。
仕掛けた送信機で周囲の声や物音を拾い、受信機でその声や音を聞くと言う簡単な仕組みです。

その為、あなたが受信機を購入すればご自身でご自宅に仕掛けられた「盗聴器の音を聞くことも可能」となってくるのです。
「じゃあ、受信機を購入してご自身で調べてみよう」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、盗聴器にも様々な種類があり何でも良いと言う訳ではないのです。
盗聴器にはいくつも周波数があり、その周波数に対応した受信機が必要となります。

今回はコンセントタップでよく使用されている盗聴器の特徴を記載させて頂きます。

トリプルタップ型盗聴器

信号タイプ:アナログ
UHF帯盗聴波:Ach 398.605MHz 、Bch 399.455MHz 、Cch 399.030MHz
受信可能距離:30m〜100m程度

タップ型の盗聴器に使われている周波数は現在「Ach」「Bch」「Cch」がよく使用されており、この3チャンネルの周波数に対応する受信機が必要となります。

ただ、この3チャンネル以外にも盗聴周波数はいくつも存在するので 「Ach」「Bch」「Cch」以外の周波数が使われている盗聴器が仕掛けられていた場合は別の受信機が必要となってきます。

以前、ご自身で受信機を購入し、弊社に調査を依頼されたお客様がいらっしゃいました。

私が確認したところ、その受信機は実際の盗聴器には反応せず、盗聴器でないものに反応(「キーン」と言うハウリング音)のする商品だったのです。

その時反応した場所は、天井に設置してあるLED照明でした。
正常に機能しない受信機は、あなたに余計な不安や混乱を与えますので、よくお調べになってからご購入される事をおススメします。


では実際どのような時に盗聴器が仕掛けられやすいか実例に基づきご説明していきたいと思います。
「戸締りは必ずしているから大丈夫」「オートロックだから大丈夫」と思っている方でも、これらの盗聴器が仕掛けられている可能性は十分あるのです。


1〜4の方法で盗聴器が仕掛けられたとしたら恐らく気付くことは出来ません。

引越し業者や配送業者の場合は、作業中は手袋をして作業する事が多いのでもちろん盗聴器から指紋も出てきません。

知らない間に盗聴器が仕掛けられ、もし盗聴器に気付いたとしてもその頃には「いつ誰に仕掛けられたかわからない状態」になってしまうのです。

実際盗聴器を発見した場合、どのような対応が正解かご自身ではわからなくなると思いますので、次に盗聴器を発見した場合の対処法をご説明したいと思います。

盗聴器を見つけた場合

普段見慣れない物ですし、とても不安で混乱されるかもしれませんがまず落ち着いて状況を整理して下さい。

一番避けて頂きたいのが「盗聴器をすぐに取り外さない事」です。

取り付けた犯人が再度自宅に侵入したり、盗聴器がばれたか不安になってあなたに危害を加えるかもしれません。

犯人を特定したい場合にも、盗聴器に気付いた事を悟られると相手が「証拠を隠滅」や「雲隠れ」する可能性もあるので犯人特定がより難しくなってきます。

警察にも相談し、あとの対応は専門の業者に任せたほうが良いと思われます。


これらのこの盗聴器ですが数年前からかなり市場に出回っていて、年間販売台数40万個以上と言われています。

スマホやアイフォンの普及でネット市場がさらに拡大した為、現在では正確な販売台数を数えることは難しいですが、年々販売台数が増加していると言われています。

しかも実際に発見出来ている盗聴器の数は1割にも満たないのです。
残りの9割以上がどこかに仕掛けられたままの状態になっていると言うことです。

発見された盗聴器の3割程が一般家庭の家やマンションの中に仕掛けられているというのですから、もはや他人事ではなく恐い話ですよね。

今回はコンセントに関わるお話でしたので補足させて頂くと、盗聴器の中には「コンセント内部に仕掛ける盗聴器」も存在します。

コンセントカバーを開ける人はあまりいないので普通に生活しているだけでは、まず見つけることは出来ません。

もし仮に受信機を使って発見できたとしても、コンセント内部は感電する可能性のある危険な作業なので、電気工事士の資格が必要になってくるのです。

盗聴器の捜索準備から発見後の対応まで、お一人で全てを行うのは大変な労力を要します。

ご対応を間違えると大事に至ることも御座いますので、ご心配な事があればお気軽にご相談下さい。


PAGE TOP ▲