使える浮気の証拠写真について探偵から学ぼう!

自分でできる!浮気調査や盗聴器発見。
慰謝料、養育費、財産分与の計算方法等、すべてお答えします。
探偵に聞いてみた


浮気の証拠写真は「性的関係」が分かるものを!


「離婚裁判に勝てる浮気の証拠写真を撮りたいのですが、どうすればいいでしょうか?」という質問が届いています。

浮気の証拠写真として認められるには
「性的関係があった」と証明できることが必須条件です。


性的関係とは、つまり性行為のことだと思いますが、手を繋いだりキスをしている写真では証拠になりませんか?

間接的な浮気の証拠写真にはなり得ますが、それだけで離婚調停、裁判に勝てる保証はありません。
ほかの間接的証拠も一緒に積み重ねていき、ようやく証拠として認められるかどうか……といったところです。


いわゆる「ハメ撮り」写真をスマホから見つけた場合は証拠になりますか?

パートナーと浮気相手の顔が鮮明に写っていれば証拠写真になるかもしれません。
しかし一般的に、そうした写真は身体の一部しか写っていなかったり、ピントが合っていなかったりすることが多いため、 裁判に勝てるレベルの証拠になるかといえば何とも断言はできません。


ではズバリ、どんな写真が一番有効なのですか?

証拠性が高いとされているのが「浮気相手と2人揃ってラブホテルに出入りする写真 」です。
もちろん顔まではっきり写っている必要があります。


ラブホテル以外の宿泊場所ではどうでしょうか?

通常のシティホテル、またはどちらかの自宅に出入りする写真でも、 ラブホテルより単体の証拠能力は劣るとされますが、浮気の証拠にならないわけではありません。
「性的関係があったと推定できる時間」「複数回にわたって宿泊している」などの補強要素が加われば、 浮気の証拠と判断されやすい傾向にあります。


クルマの中で性行為している現場に押しかけて直接撮影できたら、浮気の決定的証拠になりませんか?

たしかに性行為そのものが撮影できれば証拠としては有力ですが、注意したい点があります。

それはなんでしょうか?

一般の人が車内の性行為シーンを撮影する場合、限界まで接近してフラッシュを焚くことになると思います。
間違いなく相手にも撮影が気づかれますから、それ以降は激しく警戒されてしまい、2度目の証拠写真を撮ることは至難になります。


浮気の現場は何度も撮ったほうが有利になれるのですか?

ラブホテルでもそれ以外の現場でも、性的関係が何度も続いたという証拠写真があれば非常に有利です。
調停や裁判で勝ちやすいのはもちろん、相手に請求できる慰謝料額にも反映されます。
また、浮気した人間がよく使う「一晩だけのあやまちだったんだよ」という言い訳を封じることにもつながります。


プロの探偵はもっとうまくカーセックスの現場を撮影できるのですか?

はい。
たとえば弊社ですと、5200ルーメン(光束)の明るさをもつ最高ランクの赤外線投光器を所持しています。
これを使えば相手に気づかれない遠距離から、人間には視認できない赤外線で車内を照らして、 性行為している現場を撮影することが可能です。
撮影能力の比較サイト


やっぱり業務用の機材ってすごいんですね。

浮気の現場は、暗所や遠距離など悪条件で撮影することが多いため、各社とも機材に力を入れています。
ただし機材の充実度は探偵社によって大きく違ってきますので、依頼する前に詳しく機材を聞いてみるか、 最初からホームページで撮影機材を公開しているところを選ぶのが良いでしょう。


浮気の証拠写真 こんな失敗例も!?


お話を聞いていると、普通の主婦などには浮気の証拠写真を撮ることがとても難しいように思えてきました。

実際に浮気の証拠撮影は、プロでも高い技量が求められるシビアな場面です。


たとえばラブホテルの出入りを撮影するとき、プロはどんなところに注意していますか?

ざっと思いつくだけでも、周囲の明るさ、交通量、安全な撮影ポジションの確保、最適な画質を得るためのカメラ設定、 カメラの偽装性、ホテル従業員の巡回頻度、備え付けの監視カメラや赤外線センサー……などチェックすべきポイントは無数にあります。


ちょっと胃が痛くなりそうな緊迫のシチュエーションですね。

ほかにも不測の事態が起こったときのアドリブなど、あらゆる状況への対応が体に染みつくまで訓練を重ねています。
調査員のレベルは探偵社によって異なりますが、弊社では機材・人員とも質を高めることを最重要視しています。


もし訓練していない一般人が証拠写真を撮ろうとしたら、どんな失敗をしそうですか?

まず先ほど述べたように、適切なカメラ設定ができなかったり、周囲に怪しまれてしまったりといった純粋な技術不足があります。
しかしそれ以外に、「当事者が撮影者である」ことのデメリットもあります。


ああ、たしかに。私ならカッとなって詰め寄りにいくかもしれません。

そうした失敗例はよく耳にします。撮影どころではなくなり、そのまま駆けよって非難を浴びせる、つかみかかるなどです。


まさしく修羅場ですね。

当事者の心理として、仕方ない面もあると思います。高い技術を持っているだけでなく 「第三者だから冷静に行動できる」探偵が浮気調査で真価を発揮するのは、そうした事情もあります。


カメラの得意な友人がいたら、自分の代わりに浮気の証拠撮影を頼むこともできそうですね。

当事者がやるよりは無難かもしれませんが、風景画や犬猫を撮るのが得意な人が、 必ずしもラブホテル撮影までうまいとは限りません。
友人の協力をとりつけられたら、 まず夜の繁華街など本番に近いシチュエーションで予行練習をしてみると良いでしょう。
浮気現場で証拠写真を撮るのは、それからでも遅くありません。


撮影に自信がなければ探偵への依頼も視野に


スマホが1つあれば浮気の証拠写真なんて自分でも撮れそう!と思っていましたが、本当はとても難しいのですね。

相手に気づかれず、鮮明に、複数回にわたり浮気の証拠写真を撮るというのは、繰り返すようですが決して簡単なことではありません。


たしかに楽ではないと思い知らされました。

なんらかのこだわりがあるなら別ですが、「お金がかからないから」という理由だけで、自分で浮気の証拠写真を撮ろうとすることは推奨できません。


すると、やはりプロの探偵に依頼するのがいいでしょうか?

きちんとした調査体制で、暗視装置や超望遠レンズまで備えている探偵社に依頼できるなら、 それが良いと言えます。
もちろん予算の制限もあるでしょうし、可能なら複数の調査プランを提示してくれるところが理想です。


依頼したら、あとは待っているだけでいいですか?

基本的にはそうですが、パートナーが浮気しそうな日時、場所、浮気相手の心当たりなど、 役立ちそうな情報があれば随時伝えていくと良いでしょう。
精度の高い情報が依頼者からもらえれば、浮気の証拠写真が撮れる確率も高まりますので。


お互いにやれることをやるんですね。

はい。結果が出るまでもどかしい気持ちもあるでしょうが、浮気の証拠写真を得るためには、それが最も効率的だと言えます。



PAGE TOP ▲